052-733-2198
月・火・金 午前 10:00~13:00 午後 3:00~5:00/木、土は午前のみ

不育症と着床障害について

不育症と着床障害のポイント解説

不育症・着床障害のブログにて連載中の内容を中心に転載しました。

想像妊娠を知っていますか?

想像妊娠とは、
妊娠への過度のストレスにより、
生理が止まったり、
胸が張ったり、
つわり様症状が現れたりしますが、
妊娠はしていないことを言います。

過度の妊娠ストレスによる
身体の一連の変化のことであり、

想像妊娠は
心身症のひとつと考えられます。


不育症・着床障害の
隠れた原因としても、
この心身症が考えられるのです。


過去の辛い妊活歴、妊娠歴
により、
社会的・肉体的ストレスや、
心理的ストレスが蓄積し、

慢性的に交感神経が活発となり、

子宮内の末梢血管(らせん動脈)

収縮傾向になってしまうからです。


従来のホルモン治療や、
血液サラサラ治療、
サプリ治療、抗生物質治療等でも
不成功の方は、
特に要注意です。



ブログNo.152
「想像妊娠とプロラクチン」と、
ブログNo.658
「潜在性高プロラクチン血症」
も参考にしてください。

続きを読む

知ってほしい不育症

「不育症戦記(作/楠 桂)」(2010年3月19日発売)に寄稿した内容を現在の情報に改編しました。
不育症で悩んでいる人、不育症に関心のある人、また、流産を経験された人、これから妊娠されようとしている人に、読んでいただきたいと思います。

きちんと知りたい不育症

赤ちゃんを授かったにもかかわらず、流産や死産で失ってしまうのは悲しくつらいもの。
それを繰り返す「不育症」については、まだまだ知られていないのが現状です。
不育症の原因、その検査法や治療法、ストレスとの関係について、2018年までの知見をもとにお話しします。
流産、化学流産を繰り返し、先が見えない今、まずは読んでみてください。

妊娠前からの支持的精神療法、薬物療法、妊娠後はいつもの生活を

 当院では、初診時に診察等により心理的ストレスの程度を分析し、状況に応じて精神薬を処方することもあります。薬の有益性と危険性を十分説明しますので、納得して服用していただくことが大事です。妊娠前、ストレスでつらいときに服用してみると薬の効果が実感でき、妊娠初期に服用する勇気がでてきます。ご自身の不安を和らげるためではなく、赤ちゃんへの栄養血管を細くしないための治療なのです。身体的に安静にすると不安になる人は、多少無理をしてもいつもの生活を続けるほうがいいと考えています。精神的な安静が大事です。妊娠したら、水分を一日1.5リットル以上、1~2時間ごとに飲んでみてください。消化管は副交感神経支配であるため細動脈の狭小化を防ぐ効果があり、また、脱水を防ぐことにより胎児への栄養補給が維持されますから。
流産、死産を何度も体験した人は、「次の妊娠」は期待より不安が大きいもの。それが体にも影響を及ぼす可能性を知っておきましょう。

なぜストレスが危険因子(原因)になるのか?
血管収縮で血行が悪化、子宮・卵巣や免疫機能に影響も

 緊張すると交感神経がピリピリして、それによって細動脈(栄養血管)が萎縮し、血行が悪くなります。妊娠中であれば、胎児への栄養がスムーズに運ばれずに流産の危険が……。また、ストレスでプロラクチンが上昇すると、卵巣機能にブレーキがかかり、妊娠維持に働く黄体ホルモンの分泌が低下します。さらに、アドレナリンとプロラクチンの受容体を持つ免疫細胞・NK(ナチュラルキラー)細胞が活性化。この数値が高すぎると、妊娠維持にマイナスの影響を及ぼします。胎盤内の血管内皮細胞が、母体細胞から胎児自身の細胞におきかわる妊娠10~16週までは要注意。


流産の原因になる心理社会因子とは?
精神科医との10年間の研究からわかった3つの因子

 1994年~2004年の研究で、流産の原因になる心理的な因子を次のように分析しました。
(1) 【妊娠前、妊娠初期に抑うつ状態である場合】
 ……気持ちが落ち込み、悲観的になって、前向きに受けとれない状態です。
(2) 【社会的支援への不満がある場合】
 ……周囲のサポートが自分にとって心地よいと感じられない状態です。
(3) 【不育症の危険因子に持続性があると考える場合】
 ……過去の流産の原因が次の妊娠でも起こるのでは、という不安。その原因が治療できるかの見通しにも関係してきます。


ストレスをかかえ込みやすいタイプは?
理想とする家族観とのギャップに苦しむことも

 私たちのアンケート調査で、夫の実家への帰省について聞くと「お正月、お盆のみ」と、年1~2回程度の人が多く、なかには「帰省までに妊娠したい」「子どもについて聞かれると思うだけで緊張する」という人が……。実家や親戚との関係が負担になっているのがうかがえます。また、学生時代から「結婚したらすぐに子どもを」と考えていた人は、子どもがいないと理想の家族観・育児観がくずれてしまい、気持ちが不安定になる傾向があります。認知療法として、現代はさまざまな生き方がありますので、ほかの可能性も考えてみることも大事といえます。

Please publish modules in offcanvas position.