052-733-2198
月・火・金 午前 9:30~12:30 午後 3:00~5:30/第2・4木、土は午前のみ

(2). 不育症を呼び起こす要因とは…

不育症の危険因子には次のようなものがあります。これらがいくつか重なっていたり、また、特に原因が見つからないこともあります。

染色体異常
夫婦の染色体異常が一定の確率で引き継がれる

   夫婦いずれかに染色体異常があれば、受精卵にも一定の確率で染色体異常が起こり、流産の要因になります。流産率は、夫婦いずれかの染色体異常で約50%。これはあくまでも確率の問題であり、出産できないわけではありません。一部に着床前診断の適応となるケースもありますが、体外受精の必要があるため慎重な判断が求められます。

子宮形態異常
着床や胎児の成長に影響する

   双角子宮、単角子宮、中隔子宮、あるいは子宮筋腫など、子宮形態に異常があると、赤ちゃんに栄養がうまく運ばれないなどで流産しやすくなります。形成手術により次の妊娠に備える場合もありますが、手術をしなくても約60%は妊娠継続が可能です。

内分泌異常
黄体機能、プロラクチン、甲状腺ホルモンなど

   排卵や着床の障害になることが知られている「高プロラクチン血症」、高温相の体温維持などに影響する黄体ホルモンがうまく働かない「黄体機能不全」、そして「甲状腺機能低下症」。こうしたホルモン分泌の異常が流産に影響を与えると考えられています。プロラクチンも甲状腺ホルモンもストレスと関係があり、甲状腺ホルモンの数値が低いと、体が冷えたり精神的に不安定になることも。これらは薬物療法で改善していきます。

凝固因子異常
血液が固まって胎盤に血栓ができやすくなる

   血液中の凝固因子(血液を固めて血を止める働き)に異常があると、血のかたまりの血栓がつくられやすくなります。妊娠中に胎盤内に血栓がつくられると、胎児に栄養が運ばれなくなり、流産や死産を招くおそれがあります。

抗リン脂質抗体
自己免疫の異常で血栓がつくられやすくなる

   自己免疫異常の一つで、「抗リン脂質抗体症候群」と流産や死産との関係が知られています。免疫は本来、外からのウイルスなどから身を守る体の防衛システム。この免疫に異常があると、自分の体や組織を異物のように認識して攻撃してしまうことがあるのです。免疫異常がある場合、血液検査で自己抗体が検出されます。自己抗体にはさまざまな種類があり、抗リン脂質抗体があると血栓ができやすく流産を引き起こすと考えられています。

拒絶免疫異常
胎児の夫由来部分に過剰に反応してしまう

   お腹の中の赤ちゃんや受精卵の半分は、父親由来の組織です。つまり生物学的に言えば、赤ちゃんは母体にとって、異物と見なされてしまう危険性があります。しかし、妊娠にはそれを阻止し、赤ちゃんを体内で育てるためのメカニズムがあります。この妊娠維持のメカニズムがうまく機能せず、赤ちゃんの夫由来部分をそのまま異物と認識してしまうことで流産にいたると考えられています。

ストレス
ストレスは体調変化にもつながる

   多くの人がかかえる心理的な「ストレス」。これも重要な危険因子のひとつなのです。強い緊張により血管が収縮して血流を悪くしたり、またホルモン分泌や拒絶免疫系にも影響を及ぼすからです。不育症の人は赤ちゃんを失った悲しみや、「自分のせいで流産したのでは」という罪悪感などで精神的に追い詰められている人が少なくありません。妊娠初期には不安が高まり、下腹部痛、不眠など体調変化につながることも珍しくないのです。
最終更新日: 2016年04月14日 16:51

診療案内

交通アクセス はこちら

 
午前 9:30~12:30
午後 3:00~5:30
  • 完全予約制
  • 祝日も休診日以外は通常通り診療いたします
  • ▲:第1・第3・第5木曜は休診いたします
  • 休診日のお知らせ

ご相談窓口

詳細はこちら

E-MAIL
メールはこちらから
(24時間年中受付)

頻度が高い相談内容を紹介しています。ご相談内容をご参照ください。
受診を希望される方は、ご予約についてをご覧ください。

再診について はこちら

初診予約システムのご利用には予約番号が必要です。予約番号をお持ちでない方は初診案内をご覧のうえ、お申し込みください。