052-733-2198
月・火・金 午前 9:30~12:30 午後 3:00~5:30/第2・4木、土は午前のみ

不育症と着床障害のポイント解説

院長のブログにて連載中の内容を転載しました。

日本でも先月、日産婦学会により、
PGSの臨床研究が開始されたことが
報告されました。

ヨーロッパの多くの国とアメリカでは
数年前より実際の臨床で行われています。

実際の臨床現場では、
できるだけ多くの卵子を採取して、
授精後、5日目の胚盤胞まで
培養できなければなりません。

約100~200個の細胞(胚盤胞)のうち、
胎盤になる外側の細胞数個を採取して、
採取した細胞の全染色体(遺伝子の塊)
を検査するのが、
着床前スクリーニング(PGS)検査です。

ただし、胚盤胞の胎盤になる一部の細胞を
検査していますので、残りの多くの細胞が、
すべて同じではない場合もあり、
モザイクの頻度も低くはないため、
100%正確とは言えません。

最近、アメリカで問題になっている欠点は、
PSGで異常と判断され廃棄される胚盤胞の中に、
実は正常な胚盤胞が存在している可能性が
指摘されている点です。

また、胚盤胞まで培養しなければならないため、
初期胚(2日目の胚)までなら十分培養できる
高年齢女性の妊娠出産の可能性を
かえって低くしているかもしれないという点です。

利点としては、
PGS検査で正常卵の移植の妊娠成功率は、
約50~60%と言われており、
従来の顕微鏡検査による良好胚の移植の
妊娠成功率、約30%の約2倍である点です。

PSG検査には、利点と欠点がありますが、
当院の経験から、
PGS検査の効果を実感した事例が
複数あります。

高年齢で、移植回数と流産回数が非常に多く、
流産児の染色体検査で複数回、
偶然的な数的染色体異常を
経験されていた方々の治療経験です。

時間と費用と社会環境のストレスにより、
精神的にも非常に追い詰められていました。
子宮内環境にも問題を抱えていました。

最終的に、海外も含めた他施設により
PSG検査で正常な卵を移植され、
当院の治療も並行して行い、
約60%の方が無事出産されているのです。

いろいろな事情で
海外での卵子提供による胚移植を
受けられて、

複数回 受けられて、
それでも授かれない方が
ときどき来院されています。

その多くの方は、
「着床前スクリーニング」 という
卵のすべての染色体を検査できる
方法によって、
理論的には
ほぼ正常卵を移植しているのです。

高齢の方がほとんどですが、
その原因は
卵とは考えにくいので、
主に子宮内環境なのです。

当院の検査では、
多くの方が、
まずはメンタル的に不利な状態です。
そして、
それに伴って、
免疫的に不都合な状態になっていることが
よくあります。

数週間前、
40代後半の方が、
複数回の卵子提供と、
20回以上の胚移植の後、
当院治療により、
妊娠初期を無事乗り切り、
卒業されました。

これからの成功を祈るばかりです。

ブログNo.455 を参照してください。

どんなご夫婦でも、
先天性疾患のある児を出産する可能性が
3~5%程度 あります。

2010年の日本産婦人科医会の
先天異常モニタリングの調査では、
出産時総数91082名中、
2.3%の児に
先天性疾患が認められています。

スエーデンの大規模な
医療出生登録データによる調査では、
一般集団では
4.8%の児に
先天異常児が出生しています。

当院では、いろいろな治療薬について、
ご本人のためではなく、

胎児から見て、
どれだけの有益性(得)があり、
どれだけの危険性(損)があるのかを
詳しくお話ししています。

赤ちゃんは神様からの授かりものです。
「 納得 した治療であれば、
最後はすべてを受け入れるしかない 」
と思います。

命は、作るものではなく、
授かるものですから。
その命に、
完璧などありませんから。

過去の治療の方法を、
ちょっと、考えてみてください。

検査結果がどうであったか
は、別にして、

アスピリン治療、ヘパリン治療しても
不成功であった場合、
同じ治療を繰り返すよりも、
別の治療方法が
有効である場合が多いのです。

特に流産絨毛の染色体検査で
正常だった場合は、
ほぼ、同じ治療では効果がないことを、

流産した赤ちゃんが教えてくれている
と、考えてください。

ストレスが強いようであれば、
ストレスが
赤ちゃんに栄養を与える血管を
細くしてしまい、
また、
ストレスが
赤ちゃんを攻撃してしまう細胞を
増やしてしまうのです。

生殖に関するストレス検査や、
同種免疫検査の結果を見て、

精神治療や、
免疫治療が有効な場合が多いのです。

診療案内

交通アクセス はこちら

 
午前 9:30~12:30
午後 3:00~5:30
  • 完全予約制
  • 祝日も休診日以外は通常通り診療いたします
  • ▲:第1・第3・第5木曜は休診いたします
  • 休診日のお知らせ

ご相談窓口

詳細はこちら

E-MAIL
メールはこちらから
(24時間年中受付)

頻度が高い相談内容を紹介しています。ご相談内容をご参照ください。
受診を希望される方は、ご予約についてをご覧ください。

再診について はこちら

初診予約システムのご利用には予約番号が必要です。予約番号をお持ちでない方は初診案内をご覧のうえ、お申し込みください。