052-733-2198
月・火・金 午前 9:30~12:30 午後 3:00~5:30/第2・4木、土は午前のみ

(8). 新受精卵診断について

新受精卵診断とは、
体外受精した受精卵を子宮に戻す(移植)前に、
その一部を取り出して、
すべての染色体の異常の有無を調べる検査です。

正式には
アレイCGH法による着床前スクリーニング
と言います。

従来の限定的な検査(着床前診断)ではないので、
わかりすぎるための倫理的な問題があり、
現在、日本の学会は禁止していますが、
2015年から臨床研究として
開始されるかもしれません。

流産を2回以上繰り返す女性や、
体外受精・胚移植に3回以上失敗した女性
などが対象です。

不育症や着床障害のなかで、
運命的な卵の質・老化による
流産や不成功の確率が減らせるならば、
価値あるものと思われます。
最終更新日: 2016年04月14日 17:08

診療案内

交通アクセス はこちら

 
午前 9:30~12:30
午後 3:00~5:30
  • 完全予約制
  • 祝日も休診日以外は通常通り診療いたします
  • ▲:第1・第3・第5木曜は休診いたします
  • 休診日のお知らせ

ご相談窓口

詳細はこちら

E-MAIL
メールはこちらから
(24時間年中受付)

頻度が高い相談内容を紹介しています。ご相談内容をご参照ください。
受診を希望される方は、ご予約についてをご覧ください。

再診について はこちら

初診予約システムのご利用には予約番号が必要です。予約番号をお持ちでない方は初診案内をご覧のうえ、お申し込みください。