052-733-2198
月・火・金 午前 9:30~12:30 午後 3:00~5:30/第2・4木、土は午前のみ

(15). 私の論文「反復着床不成功と反復流産」の要旨

2015年6月発行の「産婦人科の実際」
(金原出版株式会社)という医学雑誌の、
特集 「Stop the 流産」に、依頼論文を書きました。

日本医科大学産婦人科教授の竹下俊行先生が
企画された最新の特集です。

定価が2700円+税です。
関心がある方はご購入ください。

(要旨)
近年、反復着床不成功でもあり、反復流産でもある患者は増加してきている。反復着床不成功も反復流産も胚が子宮内に接着してから、どの時期に発育停止するかの違いである。その原因は胚の染色体異常か、子宮内環境の不都合化に分けられる。胚盤胞の胚の約50~70%、初期流産絨毛の約50~70%に染色体異常があることが報告されている。その多くが偶然的な数的異常であるので、反復した着床不成功・流産では、連続する子宮内環境の不都合化による可能性がある。子宮内環境の不都合化には、身体的な因子だけではなく、精神的な因子が存在している。
最終更新日: 2016年04月14日 17:48

診療案内

交通アクセス はこちら

 
午前 9:30~12:30
午後 3:00~5:30
  • 完全予約制
  • 祝日も休診日以外は通常通り診療いたします
  • ▲:第1・第3・第5木曜は休診いたします
  • 休診日のお知らせ

ご相談窓口

詳細はこちら

E-MAIL
メールはこちらから
(24時間年中受付)

頻度が高い相談内容を紹介しています。ご相談内容をご参照ください。
受診を希望される方は、ご予約についてをご覧ください。

再診について はこちら

初診予約システムのご利用には予約番号が必要です。予約番号をお持ちでない方は初診案内をご覧のうえ、お申し込みください。