052-733-2198
月・火・金 午前 9:30~12:30 午後 3:00~5:30/第2・4木、土は午前のみ

(20). 妊娠後の基礎体温の記録は有害?

早く授かるためのタイミング治療のため、
基礎体温を記録されている方は
多いと思います。

排卵の確認(二相性)と
排卵時期の推測には有用だからです。

しかし、
妊娠がわかった後の
基礎体温の記録には害のほうが多い
と思います。


20年以上前の医療現場では、
妊娠検査薬が市販で手に入らなく、
その感度と精度も悪かったため、
基礎体温の記録が頼りだったのです。

今では、排卵(受精)後14日過ぎれば、
市販の妊娠薬により
朝一番の尿検査で、ほぼ判明します。

その後の経過も、朝一番尿の検査の
濃度の変化で、よくわかります。


基礎体温の記録は、
妊娠経過の判定として
ほとんど有益ではなく、
反対に、
その体温の微妙な高低を
意識しすぎることによって、
ストレスになることが多いのです。

それが、ひとつの流産の原因
になっている可能性もあるのです。


妊娠したら、
精神活動は控え目に、
身体の活動はほぼいつものように。

水分だけは 1日1.5リットルぐらい
こまめに補給を。
最終更新日: 2016年04月14日 17:55

診療案内

交通アクセス はこちら

 
午前 9:30~12:30
午後 3:00~5:30
  • 完全予約制
  • 祝日も休診日以外は通常通り診療いたします
  • ▲:第1・第3・第5木曜は休診いたします
  • 休診日のお知らせ

ご相談窓口

詳細はこちら

E-MAIL
メールはこちらから
(24時間年中受付)

頻度が高い相談内容を紹介しています。ご相談内容をご参照ください。
受診を希望される方は、ご予約についてをご覧ください。

再診について はこちら

初診予約システムのご利用には予約番号が必要です。予約番号をお持ちでない方は初診案内をご覧のうえ、お申し込みください。