052-733-2198
月・火・金 午前 9:30~12:30 午後 3:00~5:30/第2・4木、土は午前のみ

不育症と着床障害について

不育症と着床障害のポイント解説

院長のブログにて連載中の内容を転載しました。

原因がわからないまま、
不育症・着床障害の治療として、
低用量アスピリン
(バファリン、バイアスピリン等)が
時々処方されています。

なんとか妊娠維持してほしい気持ちは
よくわかりますが、

9件の臨床研究(対象1228名)を
まとめた国際論文(2014年)では、
原因不明の不育症には、
低用量アスピリンは 「効果なし」 でした。


低用量アスピリン治療は
1錠を飲むだけですから、
抵抗感はありませんが、

抗リン脂質抗体陽性か、
血栓性素因がないかぎり、
治療効果がないだけではなく、

副作用として、
出血のリスク(血腫等)がありますので、
十分注意してください。


詳しくは、
「抗リン脂質抗体症候群合併妊娠の
診療ガイドライン」
2016年、南山堂
を参照してください。
私もパネリストとして参加しました。

続きを読む

知ってほしい不育症

「不育症戦記(作/楠 桂)」(2010年3月19日発売)に寄稿した内容を現在の情報に改編しました。
不育症で悩んでいる人、不育症に関心のある人、また、流産を経験された人、これから妊娠されようとしている人に、読んでいただきたいと思います。

きちんと知りたい不育症

赤ちゃんを授かったにもかかわらず、流産や死産で失ってしまうのは悲しくつらいもの。
それを繰り返す「不育症」について、まだまだ知られていないのが現状です。
不育症の原因(危険因子)や治療法、ストレスとの関係についてお話しします。
主婦の友社『赤ちゃんが欲しい』35号(2008年4月発行)に寄稿した内容を現在の情報に改編しました。
もしかして不育症なのかな?と思ったら読んでみてください。

早く授かるためのタイミング治療のため、
基礎体温を記録されている方は
多いと思います。

排卵の確認(二相性)と
排卵時期の推測には有用だからです。

しかし、
妊娠がわかった後の
基礎体温の記録には害のほうが多い
と思います。


20年以上前の医療現場では、
妊娠検査薬が市販で手に入らなく、
その感度と精度も悪かったため、
基礎体温の記録が頼りだったのです。

今では、排卵(受精)後14日過ぎれば、
市販の妊娠薬により
朝一番の尿検査で、ほぼ判明します。

その後の経過も、朝一番尿の検査の
濃度の変化で、よくわかります。


基礎体温の記録は、
妊娠経過の判定として
ほとんど有益ではなく、
反対に、
その体温の微妙な高低を
意識しすぎることによって、
ストレスになることが多いのです。

それが、ひとつの流産の原因
になっている可能性もあるのです。


妊娠したら、
精神活動は控え目に、
身体の活動はほぼいつものように。

水分だけは 1日1.5リットルぐらい
こまめに補給を。
卵は半分異物(夫由来)です。
免疫系は
異物と、異物化した細胞(癌、感染)を
受け入れません(攻撃します)が、
通常、
卵については、受け入れています。

その理由の全容は、まだ 「なぞ」 です。

2015年11月号の 「サイエンス」 という
世界で最も権威のある 科学誌 に、

「寄生虫と妊娠のびっくりする関係」 

報告されました。

寄生虫に感染していない婦人に比べて、

回虫に感染している婦人は
妊娠、出産率が高く、

十二指腸虫に感染している婦人は
妊娠、出産率が低いのです。

世界の10億人以上が何らかの寄生虫に
感染していると言われています。

考えてみれば、
寄生虫って、あまり悪さをせずに、
多くの人間の腸内に寄生してますが、
卵も子宮の中で寄生しているわけですね。

回虫と十二指腸虫に対する
免疫系の対応の違いが
卵を受け入れる免疫系と、
卵を受け入れない免疫系の姿
を教えてくれる可能性があるのです。

同様な研究として、
エール大学の生殖免疫学者の
ギル モア教授は、
「人間の身体の常在菌が
妊娠維持には極めて重要である」
という結果を報告しています。

当院の免疫調節療法のひとつとして
使用している
ピシバニールとは、
ストレプトコックス・ピオゲネスSu株を
ペニシリンと熱処理後に凍結乾燥した
病原性のない菌体製剤です。

診療案内

交通アクセス はこちら

 
午前 9:30~12:30
午後 3:00~5:30
  • 完全予約制
  • 祝日も休診日以外は通常通り診療いたします
  • ▲:第1・第3・第5木曜は休診いたします
  • 休診日のお知らせ

ご相談窓口

詳細はこちら

E-MAIL
メールはこちらから
(24時間年中受付)

頻度が高い相談内容を紹介しています。ご相談内容をご参照ください。
受診を希望される方は、ご予約についてをご覧ください。

再診について はこちら

初診予約システムのご利用には予約番号が必要です。予約番号をお持ちでない方は初診案内をご覧のうえ、お申し込みください。