052-733-2198
月・火・金 午前 9:30~12:30 午後 3:00~5:30/木(第1除く)、土、祝日は午前のみ

不育症と着床障害について

不育症と着床障害のポイント解説

院長のブログにて連載中の内容を転載しました。

赤ちゃんは 花、
受精卵は 種、
子宮は 土、

と考えてみてください。

花が咲かない原因は、

ザックリ、一回につき、

種の原因が 7割、
土の原因が 3割
です。


2回、種をまいて
2回とも花が咲かないのは、

種の原因が
7割×7割=約5割です。
土の原因が
残りの約5割です。

3回、種をまいて
3回とも花が咲かないのは、

種の原因が
7割×7割×7割=約3.5割です。
土の原因が 
残りの約6.5割です。


種の原因は、

ほとんどが偶然の異常であり、
種の中身
(染色体)
を検査すれば、よくわかります。


土の原因は、

土の水はけ
(甲状腺機能、自己免疫、生殖心理)、
土の害虫
(拒絶免疫)、
土の肥料
(生殖免疫)、
土の硬さ
(プロラクチン、性ホルモン)
土の中の石
(子宮筋腫)
を検査すれば、よくわかります。


不育症、着床障害の原因は、
卵(種)の異常だけでなく、
子宮(土)の異常も多いのです。

ただ、子宮の異常は複雑ですが・・・。

続きを読む

知ってほしい不育症

「不育症戦記(作/楠 桂)」(2010年3月19日発売)に寄稿した内容を現在の情報に改編しました。
不育症で悩んでいる人、不育症に関心のある人、また、流産を経験された人、これから妊娠されようとしている人に、読んでいただきたいと思います。

きちんと知りたい不育症

赤ちゃんを授かったにもかかわらず、流産や死産で失ってしまうのは悲しくつらいもの。
それを繰り返す「不育症」について、まだまだ知られていないのが現状です。
不育症の原因(危険因子)や治療法、ストレスとの関係についてお話しします。
主婦の友社『赤ちゃんが欲しい』35号(2008年4月発行)に寄稿した内容を現在の情報に改編しました。
もしかして不育症なのかな?と思ったら読んでみてください。

多くの報告より、妊娠女性の2~5%に反復流産(2回連続流産)が発生し、1~2%に習慣流産(3回以上連続流産)が発生しています。私(青木院長)たちによる1980年と1981年の2年間に名古屋市立大学病院を受診したすべての患者さんの調査結果では、2回連続流産の発生率は3.1%、3回連続流産の発生率は1.8%でした。それぞれを偶然的確率で計算してみると、2回連続流産は2.3%(15%×15%)、3回連続流産は0.34%(15%×15%×15%)であり、名古屋市立大学病院での調査結果の方が、偶然的確率より高い結果となりました。
  よって、2回以上連続流産した患者さんにおいては、連続的原因(必然的危険因子)による反復流産の割合が高く、検査・治療が必要と考えられます。しかし一方では、無治療において生児が得られる確率も高いことも事実です。
不育症とは、2回以上連続する流産・死産を繰り返してしまう『状態』であり、3回以上連続流産する習慣流産と、2回連続流産する反復流産を含んでいます。
 不育症の診断と治療の困難な点は、妊娠していない時点で、次の妊娠において流産の原因になる危険因子を予測して、その危険因子による流産が切迫する以前に予防治療する必要があることです。また、その危険因子には、身体的因子と精神的因子の両面があることです。つまり、不妊症の治療とは次元が違う予防医療の領域になるわけです。ですから、実際の診療の場においては、複数の疑い病名による保険の適用検査と自費検査を組み合わせて行い、また治療においても、自費治療が必要な場合がよくあるのです。これは、なかなか保険医としてはデリケートな問題を含んでいます。
  そもそも、『不育症は病気である。』と言いきれるのかという難問に直面します。日本の現時点での『保険病名』としては『不育症』という病名はありませんので、原則として保険診療は出来ません。また、『ICD-10国際疾病分類』にも記載されておりません。しかし、平成8年発行『厚生省・日本医学会監修の診療科別標準疾病名集』には、病名として『不育症』が記載されています。また、臨床統計研究において、流産回数別の無治療における次回流産率調査結果では、2回以上連続流産後の次回流産率が有意に高くなっています。
  ですから、『不育症』は病気として考えられますが、保険上のことを考えると現時点では、一般的な病気とは言えないと思います。ただし、『習慣流産』は『ICD-10国際疾病分類』に記載されており、一部ですが保険が適用される検査もあります。

診療案内

交通アクセス はこちら

 
午前 9:30~12:30
午後 3:00~5:30

ご相談窓口

詳細はこちら

E-MAIL
メールはこちらから
(24時間年中受付)

頻度が高い相談内容を紹介しています。ご相談内容をご参照ください。
受診を希望される方は、ご予約についてをご覧ください。

再診について はこちら

初診予約システムのご利用には予約番号が必要です。予約番号をお持ちでない方は初診案内をご覧のうえ、お申し込みください。