Print this page

Q15.超音波検査で子宮筋腫があると言われたのですが、手術したほうが良いのでしょうか?

ほとんどの子宮筋腫は流産の原因にはなりません。子宮筋腫は、できる位置によって、子宮の外側に発育している漿膜下筋腫と、子宮の筋層内に発育している筋層内筋腫と、子宮の内側に発育している粘膜下筋腫に分類されます。

漿膜下筋腫は流産とはまったく関係ありません。

筋層内筋腫は、その大きさが約5cm以上ならば、流産になりやすいので、年齢的に余裕があれば子宮筋腫核出術を受けたほうが良いと思います。

粘膜下筋腫は、まず手術が良いです。経腟的に子宮鏡手術で筋腫を取ります。手術したら、約1年間は避妊が必要となります。

最終更新日: 2018年11月10日 16:20

関連記事