Print this page

Q4.子宮卵管造影検査は痛いと聞いたのですが、不育症の検査として絶対に必要でしょうか?

子宮卵管造影検査は子宮内腔に造影剤を入れて、内腔の形と卵管の通過性を見る検査です。確かに痛みはあります。卵管の通過性がわかりますので不妊症の検査としては必要です。しかし、不育症の検査としては、卵管の通過性のチェックは必要ないので、まずは簡便な超音波検査や子宮鏡検査でよいと思います。

最終更新日: 2018年11月10日 16:08

関連記事