Print this page

Q11.夫婦間リンパ球混合培養検査の結果により、夫リンパ球免疫療法を勧められたのですが、夫婦間リンパ球混合培養検査とはどういうものなのでしょうか?

胎児側の細胞に対して母体の免疫細胞が攻撃しないのは、遮断抗体によってブロックされているからという理論のもと、夫リンパ球免疫療法が開発されました。

その遮断抗体の有無を調べる一つの方法が夫婦間リンパ球混合培養検査なのです。

検査内容は、夫と妻のリンパ球を一緒に培養して、そこに妻の血清を加えることにより、夫と妻のリンパ球同士の反応が妻の血清添加により抑制されるのか、つまり抑制する遮断抗体があるのかどうかを検査するのです。

遮断抗体がないと判断されたときに、治療効果が期待されるのです。

ただ、この検査は、夫リンパ球免疫療法の効果判定には有用ですが、原因と言えるかどうかはまだ不明のままです。

最終更新日: 2018年11月10日 16:10

関連記事