052-733-2198
月・火・金 午前 9:30~12:30 午後 3:00~5:30/木、土は午前のみ

Displaying items by tag: 検査のご相談

まずは勇気をだして、子供を授かるために、近くのメンタルクリニックを受診されても良いと思います。今の心の状態を検査してくれますよ。心の状態がわかれば、どうしたらいいのかが見えてきますから。
ストレス度を測る血液検査もありますが、状況によって大きく変化しますから実際的には役に立ちません。心の状態は、実績と経験のある医療者との面談やアンケート調査によって検査されます。当院の生殖精神分析の検査を参考にしてください。

参照ページ

当院の生殖精神分析について

免疫系の司令塔的な役割を持つヘルパーT(Th)細胞は、Th1とTh2の二種類あり、Th1細胞はインターフェロンγなど、Th2細胞はインターロイキン4などという情報伝達物質(サイトカイン)を産生しています。正常妊娠はTh2優位の現象であり、Th1の上昇は妊娠維持に不利であるという現象が明らかになってきています。この根拠に基づき、Th1/Th2比を検査して、Th1優位の患者に夫リンパ球免疫療法をすると、Th2優位へ変化して高い妊娠維持成功率が得られたという研究報告があります。

同じような特殊免疫検査として、細胞の増殖と分化を助けるCSFファミリーのなかのM-CSFを測定する検査があります。妊娠子宮の免疫細胞の約70%がNK細胞ですが、約20%がマクロファージであり、そのマクロファージがM-CSFも産生しているのです。妊娠マウスでは子宮内M-CSF濃度が約1000倍まで上昇しており、M-CSFが産生されないマウスでは出生数が非常に低いことが報告されています。ヒトにおいては、不育症の患者さんにM-CSF低値の方が存在し、その後の妊娠経過とも正の相関関係が認められています。

さらに、生体維持に非常に重要な役割を持つTGF-β1を測定する検査もあります。TGF-β1は血小板、胎盤、骨等に大量に存在し、炎症や免疫系を抑え、組織修復の線維化を促進します。難治性の不育症の患者さんの中に、このTGF-β1が異常に高い方が存在しています。年齢、流産回数の増加などにより、TGF-β1が異常高値となり、子宮内膜組織が固くなりすぎてしまった可能性が考えられるのです。また、細胞外マトリックスへの影響により、受精卵の着床現象にも深く関わっています。

胎児側の細胞に対して母体の免疫細胞が攻撃しないのは、遮断抗体によってブロックされているからという理論のもと、夫リンパ球免疫療法が開発されました。

その遮断抗体の有無を調べる一つの方法が夫婦間リンパ球混合培養検査なのです。

検査内容は、夫と妻のリンパ球を一緒に培養して、そこに妻の血清を加えることにより、夫と妻のリンパ球同士の反応が妻の血清添加により抑制されるのか、つまり抑制する遮断抗体があるのかどうかを検査するのです。

遮断抗体がないと判断されたときに、治療効果が期待されるのです。

ただ、この検査は、夫リンパ球免疫療法の効果判定には有用ですが、原因と言えるかどうかはまだ不明のままです。

免疫系が過剰に反応してしまうとアレルギーになってしまいます。卵や赤ちゃんも半分は旦那さん由来の異物ですから、子宮の内膜の免疫細胞が過剰に反応すれば攻撃していまいます。

アレルギー体質(花粉症や蕁麻疹、アトピー性皮膚炎等)は直接的な原因ではありませんが、間接的には影響していると考えられます。

近年、アレルギーの発症を抑え込むTレグ細胞(調節性T細胞)(ブログ357参照)の存在が明らかにされ、子宮内膜にTレグ細胞が少ないと流産することが報告されています(2013年)。

このTレグ細胞はまだ簡単には検査できませんが、攻撃するNK細胞は検査できます。NK細胞活性は、ストレスによっても変化します。ピリピリして気が張り過ぎているとNK細胞活性は高くなり、逆に気分が落ち込んでいると低くなってしまいます。

院長ブログ

357. Tレグ

院長ブログ内で紹介している論文

共同研究論文

Characterization of regulatory T cells in decidua of miscarriage cases with abnormal or normal fetal chromosomal contents. J Reprod Immunol 2013

死産の前の症状ですが、死産の前に発熱したり、破水したり、強い下腹部痛がないまま、胎動をあまり感じない状態で診察されたときに、胎児心拍がないと言われたならば、それは子宮内胎児死亡です。

その場合、偶然的な生物学的、解剖学的、遺伝的な出来事によるもの以外に、必然的な抗リン脂質抗体症候群による死産もあるのです。

世界的には、妊娠10週以降の原因不明子宮内胎児死亡が1回だけでもあれば、抗リン脂質抗体症候群を疑って検査すべきと言われています。

卵が子宮の内膜(粘膜)の中に入ってくると、卵を育てるために必要な胎盤になる細胞(絨毛細胞)が卵の外側からにょろにょろと増殖してきます。

そして子宮内膜の中のクモの巣みたいなラセン動脈の束にどんどん入ってきます。胎盤になる細胞は半分旦那さんですから半分異物です。

血管の中に異物が入ってくるのですから、血液中の凝固因子系が少し刺激されるのです。その少しの刺激だけでも血栓になってしまうかもしれないのが、血栓性素因といわれるプロテインS欠乏、プロテインC欠乏、第12凝固因子欠乏と、抗リン脂質抗体といわれる各種抗体です。

この中で保険による検査は一部だけなのです。血栓性素因と抗リン脂質抗体をどの程度まで調べるかが病院によって違っているのです。

抗リン脂質抗体の種類だけでも、抗CL、PS、PI、PA、PG、PE、β2GP1、PT抗体の8種類と、それぞれのIgGタイプとIgMタイプの合計16種類もあるのです。

プロテインSと、プロテインCは抗原量と活性が検査可能ですから合計4種類です。

すべて検査する必要はまったくありません。産科領域の検査として、何をどこまで必要かは2016年時点でも世界的にコンセンサスは得られていません。

冷え性、乾燥肌、むくみやすい体質の女性のなかに、甲状腺機能低下症(その一部が橋本病)の方がいます。40歳以降の女性の13人に1人が橋本病であるという調査結果もあるように、まれな病気ではありません。

2012年頃より、病気とは言えない程度のわずかな甲状腺ホルモン不足でも、妊娠の継続に悪影響を及ぼすことが多く報告されています。2012年のアメリカ内分泌学会ガイドラインでは、妊娠前から調整しておくことが推薦されています。

主として乳腺に作用して乳汁分泌を促すプロラクチンというホルモンがあります。

頭の中の脳下垂体という所から出るホルモンです。出産後に完全に断乳していない状態で妊娠されると、プロラクチンがまだ高値であるため、高プロラクチン血症が卵巣機能を低下させたり、免疫機能を高めたりして、妊娠継続に不利になる危険性があるのです。

プロラクチンは、別名ストレスホルモンとも言われており、ストレスによっても分泌促進されます。また、日内変動があり睡眠時に高くなりますので、検査としては、単発な採血ではなく、負荷試験をしないと詳しくはわかりません。

おりもの(帯下)の量や色、においに異常があり、その異常が子宮内膜炎によるものであるならば、子宮内膜炎は着床障害や流産の原因になりますが、膣炎は問題ありません。また、子宮内膜にポリープ(子宮内膜ポリープ)ができたり、卵管に分泌液がたまったり(卵管留水症)したときも、着床障害や流産の原因になりえます。背景として、子宮や卵管に炎症があれば、免疫系が攻撃的になっている可能性が高いからとも考えられています。

診療案内

交通アクセス はこちら

 
午前 9:30~12:30
午後 3:00~5:30

ご相談窓口

詳細はこちら

E-MAIL
メールはこちらから
(24時間年中受付)

頻度が高い相談内容を紹介しています。よくあるご相談をご参照ください。
受診を希望される方は、ご予約についてをご覧ください。

再診について はこちら

初診予約システムのご利用には予約番号が必要です。予約番号をお持ちでない方は初診案内をご覧のうえ、お申し込みください。