052-733-2198
月・火・金 午前 9:30~12:30 午後 3:00~5:30/第2・4木、土は午前のみ

原因もわからず、いろいろなサプリ、漢方、ホルモン薬、アスピリン、ヘパリンの治療を受けましたが、すべて流産しています。胎児の染色体検査も正常でした。担当の先生が今度は、免疫グロブリンの治療を試してみましょうと言われたのですが、免疫グロブリンの治療は効くのでしょうか?

免疫グロブリン治療は、夫リンパ球治療と同じく、免疫を調節する治療(自費)のひとつです。

夫リンパ球治療が始まった約10年後から世界的に研究的な治療として開始されています。免疫グロブリンの利点は感染の副作用がありません。欠点は費用が高いということです。重症感染症とか難治性の自己免疫病には効果が証明されていますので保険が適用されています。

難治性の不育症への免疫グロブリン治療は、その治療方法が確立していませんので、治療効果についてもいまだ不明のままです。費用の点が受け入れられれば、治療をうける価値はあると思います。

診療案内

交通アクセス はこちら

 
午前 9:30~12:30
午後 3:00~5:30
  • 完全予約制
  • 祝日も休診日以外は通常通り診療いたします
  • ▲:第1・第3・第5木曜は休診いたします
  • 休診日のお知らせ

ご相談窓口

詳細はこちら

E-MAIL
メールはこちらから
(24時間年中受付)

頻度が高い相談内容を紹介しています。ご相談内容をご参照ください。
受診を希望される方は、ご予約についてをご覧ください。

再診について はこちら

初診予約システムのご利用には予約番号が必要です。予約番号をお持ちでない方は初診案内をご覧のうえ、お申し込みください。