052-733-2198
月・火・金 午前 9:30~12:30 午後 3:00~5:30/第2・4木、土は午前のみ

ご相談内容

不育症・着床障害について日々ご相談を受けています。
相談事例を検査・治療・その他に分類してご紹介します。

Children categories

検査のご相談 (14件)

2001年9月から15000件以上になるメール相談を受けています。
その中のほんの一部を修正して記載しました。その相談内容は、自費と保険、遺伝、子宮形態、ホルモン、凝固、抗リン脂質抗体、同種免疫、生殖メンタルといろいろです。
内容を表示する...

治療のご相談 (8件)

相談の頻度が高い子宮手術治療、アスピリン治療、ヘパリン治療、夫リンパ球治療、免疫グロブリン治療、ピシバニール治療、精神治療についての相談内容を一部修正して記載しました。
内容を表示する...

その他のご相談 (4件)

検査や治療以外で頻度が高い相談内容は、胎児への薬の影響やメンタル関係の相談です。その一部を修正して記載しました。
内容を表示する...

私の約40年間、4000例以上の不育症治療の経験から、まずは手術せずに、他にできる治療をすれば、約70%の成功率です。2015年の杉浦らの研究報告でも、中隔子宮では手術療法の有用性がありましたが、双角子宮や弓状子宮では手術しなくても同じ成功率でした。

子宮卵管造影検査は子宮内腔に造影剤を入れて、内腔の形と卵管の通過性を見る検査です。確かに痛みはあります。卵管の通過性がわかりますので不妊症の検査としては必要です。しかし、不育症の検査としては、卵管の通過性のチェックは必要ないので、まずは簡便な超音波検査や子宮鏡検査でよいと思います。

子宮腺筋症とは子宮内膜症のようなもので、子宮の筋層に子宮内膜細胞が入り込んで増殖してしまっているのです。ですから、生理のたびに、強い痛みがあります。子宮腺筋症の程度がひどいと、子宮内の血流に悪影響がありますので、流産や着床不成功の原因になる可能性がありますが、それが主原因である確率は低いと考えられます。

ほとんどの子宮筋腫は流産の原因にはなりません。子宮筋腫は、できる位置によって、子宮の外側に発育している漿膜下筋腫と、子宮の筋層内に発育している筋層内筋腫と、子宮の内側に発育している粘膜下筋腫に分類されます。

漿膜下筋腫は流産とはまったく関係ありません。

筋層内筋腫は、その大きさが約5cm以上ならば、流産になりやすいので、年齢的に余裕があれば子宮筋腫核出術を受けたほうが良いと思います。

粘膜下筋腫は、まず手術が良いです。経腟的に子宮鏡手術で筋腫を取ります。手術したら、約1年間は避妊が必要となります。

診療案内

交通アクセス はこちら

 
午前 9:30~12:30
午後 3:00~5:30
  • 完全予約制
  • 祝日も休診日以外は通常通り診療いたします
  • ▲:第1・第3・第5木曜は休診いたします
  • 休診日のお知らせ

ご相談窓口

詳細はこちら

E-MAIL
メールはこちらから
(24時間年中受付)

頻度が高い相談内容を紹介しています。ご相談内容をご参照ください。
受診を希望される方は、ご予約についてをご覧ください。

再診について はこちら

初診予約システムのご利用には予約番号が必要です。予約番号をお持ちでない方は初診案内をご覧のうえ、お申し込みください。