052-733-2198
月・火・金 午前 9:30~12:30 午後 3:00~5:30/第2・4木、土は午前のみ

ご相談内容

不育症・着床障害について日々ご相談を受けています。
相談事例を検査・治療・その他に分類してご紹介します。

Children categories

検査のご相談 (14件)

2001年9月から15000件以上になるメール相談を受けています。
その中のほんの一部を修正して記載しました。その相談内容は、自費と保険、遺伝、子宮形態、ホルモン、凝固、抗リン脂質抗体、同種免疫、生殖メンタルといろいろです。
内容を表示する...

治療のご相談 (8件)

相談の頻度が高い子宮手術治療、アスピリン治療、ヘパリン治療、夫リンパ球治療、免疫グロブリン治療、ピシバニール治療、精神治療についての相談内容を一部修正して記載しました。
内容を表示する...

その他のご相談 (5件)

検査や治療以外で頻度が高い相談内容は、胎児への薬の影響やメンタル関係の相談です。その一部を修正して記載しました。
内容を表示する...

ほとんどの子宮筋腫は流産の原因にはなりません。子宮筋腫は、できる位置によって、子宮の外側に発育している漿膜下筋腫と、子宮の筋層内に発育している筋層内筋腫と、子宮の内側に発育している粘膜下筋腫に分類されます。

漿膜下筋腫は流産とはまったく関係ありません。

筋層内筋腫は、その大きさが約5cm以上ならば、流産になりやすいので、年齢的に余裕があれば子宮筋腫核出術を受けたほうが良いと思います。

粘膜下筋腫は、まず手術が良いです。経腟的に子宮鏡手術で筋腫を取ります。手術したら、約1年間は避妊が必要となります。

甲状腺の病気で自己免疫異常による「橋本病」や「バセドウ病」は、ある程度遺伝と関係があると言われています。また、流産や死産の原因のひとつと考えられています。「橋本病」は圧倒的に女性に多く、年齢も20歳代後半~40歳代に多いので、親がその病気であったならば、早めに詳しく検査したほうが良いと思います。

遺伝的体質はあります。遺伝要因として、まず遺伝情報を伝える染色体の異常によるものがあります。検査するならばご夫婦の染色体検査ですが、その異常率は3~4%です。均衡型相互転座とか逆位などという形の異常であり、遺伝子の数は正常ですから、ご本人はまったく正常です。しかし、受精卵に半分ずつ遺伝されますので、染色体の形が異常(不均衡)になる確率が約50%あるのです。

検査するかどうかの重要な点は、夫婦のどちらかに異常があっても、それによる流産率は最大で約50%であり、すべて流産(過去もこれからも)するわけではありません。また、その異常については治療できません。実際、夫婦に異常があったとき、先天的なものとして精神的な重荷を背負うようであれば、その精神的な要因が新たな流産しやすい環境的体質を作ってしまうこともあります。

ですから、当院では積極的にその検査を勧めることはありません。仮に流産した時に流産物の染色体検査をすれば、そのときの異常が偶然によるものか、夫婦からの遺伝によるものかが、ほぼ判明しますので、流産物(絨毛)の染色体検査(自費)を勧めています。

診療案内

交通アクセス はこちら

 
午前 9:30~12:30
午後 3:00~5:30
  • 完全予約制
  • 祝日も休診日以外は通常通り診療いたします
  • ▲:第1・第3・第5木曜は休診いたします
  • 休診日のお知らせ

ご相談窓口

詳細はこちら

E-MAIL
メールはこちらから
(24時間年中受付)

頻度が高い相談内容を紹介しています。ご相談内容をご参照ください。
受診を希望される方は、ご予約についてをご覧ください。

再診について はこちら

初診予約システムのご利用には予約番号が必要です。予約番号をお持ちでない方は初診案内をご覧のうえ、お申し込みください。