052-733-2198
月・火・金 午前 10:00~13:00 午後 3:00~5:00/木、土は午前のみ

院長挨拶

院長:青木耕治当院は、「不育症」と「着床障害」の日本で最初の専門クリニックです。
特徴は、身体と精神の両面からの検査とその治療方法であります。
約40年の国際的研究実績があり、治療実績は4000例以上です。

治療対象としての、2回以上連続して流産してしまう「不育症」と、
3~5回以上連続して体外受精・胚移植が不成功に終わる「着床障害」には、共通した原因が存在しているのです。
それは、基本的に、卵の問題と子宮内環境の問題に分類されます。

卵の異常については、「不育症」の場合、平均して100の妊娠中、約20あり、 「着床障害」の場合、平均して100の胚移植中、約60あると考えられます。
この部分は運命的な流産あるいは着床不成功として受け入れるしかありません。

子宮内環境の異常については、「不育症」の場合も「着床障害」の場合も、
卵を育てるのに不都合な子宮内環境を見つけ、それを治療することになります。

この子宮内環境とは、ホルモン系、免疫系、凝固系だけに止まらず、 精神・神経系の影響下にあるのです。ですから最良の治療方法は、 身体と精神の両面からなる「不育症」「着床障害」の心身調節療法であると確信しているのです。

経歴

名古屋市立大学医学部卒業
米国シカゴ・ヒト生殖センター visiting scientist
American J of Reprod Immunolの副編集長
J of Associated Reprod and Geneticsの編集委員
名古屋市立大学医学部臨床教授
名古屋市立城西病院部長

資格

医学博士
日本産科婦人科学会専門医
日本不育症学会監事

主な研究論文

流産のすべて;不育症専門医より一般産婦人科医に知ってもらいたい不育症のトピックス
―愛護的ケア(TLC : tender loving care)―
日本産婦人科医会 研修ノート 2017
不妊・不育症診療 パーフェクトガイド  医学書院  2016
同種免疫異常と原因不明反復流産  図説ARTマニュアル   永井書店  2006
Psychosocial predictors of successful delivery after unexplained recurrent spontaneous abortions: a cohort study. Acta Psychiatr Scand 2004
Psychosocial factors in recurrent miscarriages. Acta Obstet Gynecol Scand 1998
Clinical trial of immunostimulation with a biological response modifier in unexplained recurrent spontaneous abortion patients. J Clin Immunol 1997
Low serum M-CSF levels are associated with unexplained recurrent abortion. Am J Reprod Immunol 1997
Preconceptional natural-killer-cell activity as a predictor of miscarriage. Lancet 1995
Clinical significance of Beta2-glycoprotein I-dependent anticardiolipin antibodies in the reproductive autoimmune failure syndrome: Correlation with conventional antiphospholipid detection systems. Am J Obstet Gynecol 1995
Clinical evaluation of immunotherapy in early pregnancy with x-irradiated paternal mononuclear cells for primary recurrent aborters. Am J Obstet Gynecol 1993

体外受精医療機関


ニューヨーク、セントラルパーク近くにある世界トップレベルの体外受精専門クリニックです。
院長は私の1987年来の友人であるドクター グライシャーです。
難治性の不妊症でお悩みの方は一度ご覧ください。
最終更新日: 2020年07月09日 13:57

Please publish modules in offcanvas position.