052-733-2198
月・火・金 午前 10:00~13:00 午後 3:00~5:00/木、土は午前のみ

同種免疫

妊娠の成立と継続に重要な働きを持つ免疫のお話です。

子宮内や膣内のフローラ(細菌叢)を、
遺伝子検査できるようになってきましたが、・・・。

人間の粘膜(口や鼻や腸)には無数の常在菌があり、
エール大学のギル モア教授は、
「人間の体の常在菌が妊娠の継続に極めて重要である」
という有力な研究報告をしています。

2015年に「サイエンス」という権威ある医学誌に、
「寄生虫と妊娠継続の関係」が報告されました。

世界の10億人以上が何らかの寄生虫に
感染していると言われていますが、

回虫に感染していると、
感染していない婦人に比べて妊娠、出産率が高く、
十二指腸虫では逆に低いという内容です。

胚(受精卵)も子宮で寄生して育っているわけです。

つまり、
胚を受け入れる免疫と、
拒絶する免疫があると考えられるのです。


身体とこころの状態によって影響を受ける
子宮内フローラの検査は参考にはなりますが、

「胚へ直接的に影響を及ぼす免疫状態」
の詳しい検査と、
その治療が大切です。

Th1/Th2比が高い人は、高くない人に比べて
その後の妊娠で有意に流産率が高くなったという
報告はありません。

正常妊娠維持にはTh2優位が必要という概念が
20年ぐらい前に支持されていましたが、
動物実験では否定的です。

妊娠の同種免疫検査として、
Th1/Th2比だけでは不明です。


タクロリムスは、ステロイド以上の
強力な免疫抑制薬ですから、
移植免疫には有力な薬ですが、
妊娠免疫には現時点でお勧めできません。

妊娠維持のための免疫抑制が必要と
考えられる場合は、
まず適量なステロイド治療と思います。


タクロリムスは、日本の公文書としての添付文書に、
「警告」 として(2021年)、
重篤な副作用により、致死的な経過をたどる
ことがあるので、緊急時に十分に措置できる
医療施設及び本剤についての
十分な知識と経験を有する医師が使用
と記載されています。


Th1/Th2細胞比という免疫検査の説明は
ブログNo.549を参照ください。

正常妊娠において、
胚は半分異物(夫由来)ですが、

胚の胎盤になる細胞が
子宮内膜の奥深くへ侵入して
増殖しなければなりません。

そのために
胚の胎盤になる細胞(非自己)と
子宮内膜の免疫細胞等(自己)は
盛んにメッセージ物質を
交換していることがわかっています。


その交流のバランスが壊れると、
胞状奇胎や絨毛癌になったり(頻度は低い)、
胚の発育が止まったりするのです。


子宮内における
母児間の同種免疫は
特殊な免疫環境です。

胚が正常に発育するために、

子宮内の免疫細胞は、
生着を抑える働き以外に、
生着を促進する働きも持っているのです。


ですから、
妊娠の同種免疫 異常とは、
胎児を攻撃するだけではなく、

胎児の生着を助ける働きの低下も
含まれているのです。

コロナウイルスと戦うのは、
免疫力です。

免疫力を弱める薬で、
もっとも強力な薬が
タクロリムスです。

タクロリムスは、
臓器移植後や膠原病の治療薬で、
ステロイド剤では効果不十分な場合に、
よく使われます。


コロナ禍で、
ステロイド剤ではなく、
タクロリムスを使うのは、
免疫を抑制しすぎる可能性があり、
危険ですよ。

Please publish modules in offcanvas position.