052-733-2198
月・火・金 午前 10:00~13:00 午後 3:00~5:00/木、土は午前のみ

709.妊娠の同種免疫 異常とは

正常妊娠において、
胚は半分異物(夫由来)ですが、

胚の胎盤になる細胞が
子宮内膜の奥深くへ侵入して
増殖しなければなりません。

そのために
胚の胎盤になる細胞(非自己)と
子宮内膜の免疫細胞等(自己)は
盛んにメッセージ物質を
交換していることがわかっています。


その交流のバランスが壊れると、
胞状奇胎や絨毛癌になったり(頻度は低い)、
胚の発育が止まったりするのです。


子宮内における
母児間の同種免疫は
特殊な免疫環境です。

胚が正常に発育するために、

子宮内の免疫細胞は、
生着を抑える働き以外に、
生着を促進する働きも持っているのです。


ですから、
妊娠の同種免疫 異常とは、
胎児を攻撃するだけではなく、

胎児の生着を助ける働きの低下も
含まれているのです。

最終更新日: 2021年08月25日 13:26

Please publish modules in offcanvas position.