052-733-2198
月・火・金 午前 10:00~13:00 午後 3:00~5:00/木、土は午前のみ

676.流産させる物質の測定(TNF-α)

30年ぐらい前より注目されていた物質が、
やっと高感度で簡単に測定できる
ようになりました。

当院では、早速7月より検査開始します。

それは免疫細胞が放出する
炎症性サイトカインのひとつで、
腫瘍壊死因子(TNF-α)という物質です。

1989年に、ラットの生体実験で、
TNF-αは胎盤を壊死させ流産させたことが
報告されています。(Am J Pathol)

米国では、最近、TNF-αを抑える治療が、
不育症の新しい治療法として
臨床研究され、注目されています。

最終更新日: 2021年08月25日 13:25

Please publish modules in offcanvas position.