052-733-2198
月・火・金 午前 10:00~13:00 午後 3:00~5:00/木、土は午前のみ

546.胎盤(絨毛)細胞と子宮免疫の関係

胎盤になる絨毛細胞は、
胎児側の細胞ですから、
母体から見て、
夫由来の半分異物細胞ですが、

子宮の中で増殖するために、
あなたの子宮内の免疫細胞と
情報交換をしています。

絨毛細胞は特殊であり、
hCGという性ホルモンと、
コロニー刺激因子(CSF)という
細胞の分裂増殖を助ける物質を
多量に分泌しています。

絨毛細胞は、hCGの影響下で、
母体からの免疫的攻撃を免れており、
子宮内のマクロファージ免疫細胞等を
ほ ど 良 く 刺 激 し て、
さらに多量のコロニー刺激因子
(M-CSF, GM-CSF等)を
分泌させています。

コロニー刺激因子は、
まるで子宮の栄養素のような
働きをしているのです。


マクロファージは重要な免疫細胞であり、
子宮内膜の免疫細胞の約20%あります。
ナチュラル・キラー(NK)細胞が約70%、
T細胞が約10%存在している
と報告されています。


GM-CSF入りの培養液を使うと、
胚の培養成績が良い
という報告もあります。


当院では、10年前より、
M-CSFを測定しており、
その結果をもとに
治療を行っています。

最終更新日: 2021年08月25日 13:25

Please publish modules in offcanvas position.