052-733-2198
月・火・金 午前 10:00~13:00 午後 3:00~5:00/木、土は午前のみ

105.流産16回後の出産

2010年11月中旬に
妊娠36週で元気な赤ちゃんが誕生しました。

出産された方は
最初の頃こそ自然妊娠できたものの、
途中から体外受精による妊娠となり、
そのうえに、
記憶があるだけでも過去16回の流産を経験されています。
(流産がありすぎて、正確な数はわからず、
少なくとも16回との事でした。)

14回目の妊娠前からは
私による検査と治療を繰り返してきました。

ご夫婦の染色体検査、子宮奇形のMRI検査、
卵巣機能検査、プロラクチン負荷検査、甲状腺機能検査、
凝固系検査(第12因子、プロテインCとS活性検査)、
抗リン脂質抗体検査(抗CL抗体、抗PE抗体、抗PT抗体、LAC)、
はすべて正常でした。

異常検査項目として、
NK細胞活性は異常に高く、M-CSFは異常に低く、
精神的には不安障害あるいは適応障害を認めていました。


14回目から16回目までは、
支持的精神療法、精神薬物療法、
ピシバニール免疫療法、
さらに、
黄体ホルモン補充療法、
アスピリン・ヘパリン療法、
ステロイド内服療法、
ステロイド子宮内洗浄療法
を行いましたが残念ながら繰り返し流産されてしまいました。

検査した流産組織の絨毛染色体検査は正常でした。
つまり、今までの治療法では
流産を予防できないということです。


今回の17回目に行った治療法は、
支持的精神療法、精神薬物療法、
ピシバニール免疫療法、
さらに、
バイアグラ膣錠療法です。


今回の妊娠中期からは、
東京の不育症研究でも高名な教授に
診ていただき、
さらなる流産早産予防治療がなされました。


東京での長い入院生活を乗り越えて、
まさしく、
17回目の奇跡が起こったのだと思います。


ご夫婦のこれまでの苦難とがんばりに
赤ちゃんが応えてくれたのではないでしょうか。

生まれることができなかった今までの赤ちゃんの分まで、
幸せになってほしいと思います。

本当におめでとうございました。

最終更新日: 2021年08月25日 13:23

Please publish modules in offcanvas position.