052-733-2198
月・火・金 午前 10:00~13:00 午後 3:00~5:00/木、土は午前のみ

673.ストレスによる炎症

心理的ストレスを受けると、
血小板が固まりやすくなることは
以前よりわかっていましたが、

心理的ストレスを受けると、
免疫細胞も増加して、
炎症性サイトカインが発生してくる
こともわかってきました。

たとえば、
心理的ストレスを感じていると、
脳細胞にも、炎症が起きるようです。
過剰な炎症により、
脳細胞の機能障害が起き、
うつ病になる可能性が指摘されています。


本来、炎症性サイトカインは、
身体の異常を修復するために、
炎症を起こしているのですが、

こころの異常に対しても、
何らかの原因で炎症を
起こしているようです。


炎症性サイトカインが
異常にたくさん分泌されている状態
になったら、
それは組織障害を
起こしてしまいます。

最終更新日: 2021年08月25日 13:19

Please publish modules in offcanvas position.