052-733-2198
月・火・金 午前 10:00~13:00 午後 3:00~5:00/木、土は午前のみ

甲状腺

着床と妊娠の継続のためには特別な甲状腺機能の管理が必要です、というお話です。

甲状腺ホルモンは、
子宮内膜の脱落膜化を促進している
という報告が2020年にありました。
(Endocrinology 2020; 161: bqaa049)

子宮内膜がうまく脱落膜化することは、
着床、妊娠維持に最も大切なことなのです。

従来から、
子宮内膜の脱落膜化には、

卵巣から分泌される
黄体ホルモンが必須であることは
わかっていましたが、

甲状腺から分泌される
甲状腺ホルモンも重要な要素のようです。


脱落膜化が十分でないと、
子宮内膜内の免疫細胞(NK細胞等)や、
間質細胞に悪い変化を発生させ、
着床不全、流産が起こるようです。

受精卵は子宮内膜に接着すると、
胎盤になる細胞から、
hCG(ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン)
というホルモンを産生します。

hCGは、卵巣を刺激して、
妊娠維持のために
黄体ホルモンの産生を促します。

同時に、
hCGは、甲状腺も刺激して、
甲状腺ホルモンの産生も
促しているのです。


実際、
正常妊娠において、
妊娠4~10週の期間、

hCGの影響により、
甲状腺ホルモン値(FT4)は
高くなっており、
TSHは低くなっています。


妊娠ごく初期に
TSHを検査して、
TSHが高いならば
(基準値の上半分以上)、
要注意です。

正常な妊娠を維持するためには、
特別な甲状腺機能の管理
が必要です。

ただ肝心な甲状腺検査の値が
世界的に、施設間で多少違うため、
問題でしたが、
今回4月より、日本でも標準化が
開始されました。


生殖医療下の妊娠13週までの
妊娠維持にとっては、

TSHが2.5μIU/mL以下か、
妊娠初期特有の基準範囲の下半分
であることが良いと、

米国甲状腺学会ガイドライン(2017年)
で示されています。


また、
妊娠ごく初期には、
甲状腺機能を20~30%上げる必要があります。


妊娠14週以後については、
TSHを3.0μIU/mL以下ぐらいに
コントロールすることが良い
のではないかと考えています。

2021年4月より、
施設間での甲状腺検査値の違いを
補正するため、
日本全国での調整が行われます。

日本人成人(20~60歳)の
甲状腺刺激ホルモン(TSH)の
基準値は、

IFCC標準化対応用の試薬検査での
試験例数120検体により、

0. 61~4.23 mIU/L
に変更されました。


甲状腺刺激ホルモン(TSH)は、
不育症、着床障害の
原因と治療に、
密接に関係していますので、
要注意です。

Please publish modules in offcanvas position.