052-733-2198
月・火・金 午前 10:00~13:00 午後 3:00~5:00/木、土は午前のみ

625.#妊娠したら#甲状腺の薬を増量

流産の原因のひとつに
甲状腺機能低下症があります。

その検査の多くの基準値は、
TSH値が0.5~5.0となっています。

しかし、流産予防のため、

TSH値が2.5以上のときは、
妊娠前から
甲状腺の薬を飲み、

TSH値を2.5未満にすることが
海外で推奨されています。

(米国内分泌学会ガイドライン2012年)
(米国甲状腺学会ガイドライン2017年)


妊娠したら、出来るだけ早めに
再検査して、

多くの場合、
甲状腺の薬の増量が必要です。

妊娠5~15週に
甲状腺ホルモンの需要が
約1.4倍に増大するからです。

最終更新日: 2021年08月25日 13:18

Please publish modules in offcanvas position.