052-733-2198
月・火・金 午前 10:00~13:00 午後 3:00~5:00/木、土は午前のみ

724.#甲状腺と#子宮内膜の関係

甲状腺ホルモンは、
子宮内膜の脱落膜化を促進している
という報告が2020年にありました。
(Endocrinology 2020; 161: bqaa049)

子宮内膜がうまく脱落膜化することは、
着床、妊娠維持に最も大切なことなのです。

従来から、
子宮内膜の脱落膜化には、

卵巣から分泌される
黄体ホルモンが必須であることは
わかっていましたが、

甲状腺から分泌される
甲状腺ホルモンも重要な要素のようです。


脱落膜化が十分でないと、
子宮内膜内の免疫細胞(NK細胞等)や、
間質細胞に悪い変化を発生させ、
着床不全、流産が起こるようです。

最終更新日: 2021年08月25日 13:17

Please publish modules in offcanvas position.