052-733-2198
月・火・金 午前 10:00~13:00 午後 3:00~5:00/木、土は午前のみ

プロラクチン

乳腺を刺激する作用のプロラクチン(ホルモン)は、卵巣機能の抑制と、拒絶免疫の促進作用もあるため、妊娠前からの高値は不妊・不育の原因になる、というお話です。夜に高くなる傾向があり、ストレスによっても高くなりますので、検査には負荷試験が必要です、というお話です。

「潜在性高プロラクチン血症」
の検査はしましたか?

体外受精でもなかなか妊娠しない方が、
当院受診し、
TRH(甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン)
の負荷試験という検査をして、

「潜在性高プロラクチン血症」
と判明し治療を受けていたら、

自然妊娠される方も、
ときどきいらっしゃいます。


プロラクチンは、
生殖ストレスや、
甲状腺機能低下により、
高くなる傾向があります。

プロラクチンは、
卵巣機能を低下させ、
免疫を攻撃的にしますから、

不育症と
着床障害の原因なのです。

脳の真ん中から、
愛情ホルモン、ストレスホルモン
とも言われている
プロラクチンというホルモンが
分泌されています。


プロラクチンは
乳腺を刺激する作用と、
卵巣機能を抑制する作用と、
免疫系を攻撃的にする作用があります。


よって、不妊症の原因だけではなく、
着床障害、不育症の原因でもあります。


プロラクチンは、
流産したことにより、
また、
赤ちゃん関係のストレスにより、

まずは夜中に高くなる傾向があります。


ですから、正確な検査としては、
頭の真ん中を刺激するホルモンを
注射して、その後に採血する
負荷試験検査が必要なのです。

体外受精で一人目の子を
出産した後、
3~5回以上胚移植しても、
不成功が続いたら、
「二人目の着床障害」
の可能性があります。


出産後の身体の変化が原因です。

たとえば、
母乳の分泌に関係していた
プロラクチンというホルモンが
断乳した後でも、ストレス等で
潜在性レベルの高値であった場合とか、

帝王切開等の異常出産により、
子宮内膜の免疫機構が
一部破たんした場合などです。


その場合は、
やみくもに胚移植を繰り返しても、
悪循環に陥る可能性があります。

一度、立ち止まって、
不育症、着床障害の検査
を受けたほうが得策と思います。

想像妊娠という言葉を聞いたことありますか。

私が医学生であった40年ぐらい前に、
講義のなかで知りました。

女性は、精神的な状態が、
いかにホルモン環境に影響するかという典型例として、
説明されていたのです。


40年以上前には、簡単な検査で妊娠しているかどうかは
わかりませんでしたから、

子供の恵まれない女性が、
異常なぐらい
子供がほしい、子供がほしい
と念じると、
生理が止まり、
乳房が張ってきて、
つわり症状が出現してくることがあったのです。

しかし、赤ちゃんは居ません。
これが想像妊娠です。


このからくりとして、
プロラクチンというホルモンが関係しているのです。

プロラクチンは、日本語訳として、
乳汁分泌ホルモンと言われていますが、
ストレスホルモン、または妊娠に伴う愛情ホルモン
とも言われています。

過剰なストレス(中枢神経の興奮)によって、
脳下垂体からプロラクチンが過剰に分泌され、
そのプロラクチンが乳腺を刺激し、
卵巣機能を抑制することによって、
想像妊娠の状態になったのです。


また、
甲状腺機能低下による
手足が冷たい、身体が冷える場合にも、
精神的に、
心が冷えやすい抑うつ気分になりやすく、
さらに、
プロラクチンが過剰に分泌され、
乳腺が刺激され、
卵巣機能が低下することもあるのです。


医学的に
プロラクチンは、免疫機構を攻撃的にもしますから、
不育症、着床障害の原因のひとつと考えられています。

プロラクチンは、夜間睡眠時や排卵期に高値になりますので、
潜在性高プロラクチン血症をみつけるためには、
TRH負荷試験が必要です。

プロラクチンを正常化することにより、
不育症患者さんの妊娠維持が向上したとする
研究報告が、横浜市立大学病院産婦人科の平原教授らにより、
1998年のアメリカ不妊学会専門誌にすでに発表されています。

Please publish modules in offcanvas position.