052-733-2198
月・火・金 午前 10:00~13:00 午後 3:00~5:00/木、土は午前のみ

701. PGT-A正常胚を移植したのに陰性

移植前の胚の23対ある染色体の数を
すべて調べるPGT-A検査が
始まっています。

高額な検査ですが、
胚の異常の有無について
染色体レベルで検査できます。

5日目胚盤胞の
総数約100個強の細胞の中の
胎盤になる外側の細胞約5個の
染色体の数をすべて調べる検査です。


注意点としては、
30%ぐらいの胚にモザイクがあるらしく、
胎児になる胚の中側の細胞は
調べられませんので、

結局、
PGT-A正常胚でも
じつは異常胚の可能性は約30%
あるようです。


ただ、
PGT-A正常胚を移植したのに
陰性ならば、

その原因は、
子宮側(子宮内環境)の問題
である可能性が、
より高いということになります。

最終更新日: 2021年08月25日 13:15

Please publish modules in offcanvas position.