052-733-2198
月・火・金 午前 10:00~13:00 午後 3:00~5:00/木、土は午前のみ

妊娠初期の注意点

妊娠初期の出血の意味や生活の注意点等についてのお話です。

胚移植、あるいは妊娠すると、
基礎体温(新陳代謝熱)の上昇で
1日に1リットル以上の水分が、
身体から蒸発しています。

移植(妊娠)後、
1~2時間ごと、こまめに
1日、1.5~2リットルの水分をとると、
ふたつのメリットがあるのですよ。

ひとつは、
脱水を予防できますから、
子宮内膜の栄養血管(らせん動脈)に
十分な血液が供給されます。

もうひとつは、
こまめに水分をとると、
消化管がいつも活動して、
副交感神経系が優位に活動します。

副交感神経系は、
こころを穏やかにして、
子宮内膜のらせん動脈の収縮を
防いでくれます。

そうすると、血流が増えます。

妊娠初期、

経腟の超音波検査の後、
数日以内に
少量の赤い性器出血があった場合や、

膣座薬を挿入していて、
少量の赤い性器出血があった場合に、

流産とは直接関係のない

子宮の入り口(膣部)の
びらん(ただれ)への
経腟プローブや座薬の圧迫による
出血がときどきあります。


子宮膣部びらんは、
生理的なものや、
炎症等によるものがありますが、

10人中2~3人程度にあるのです。


妊娠初期に
真っ赤な出血が少量でもあれば、
すごく不安になってしまいます。

過剰な不安と緊張が持続すれば、
それは、
流産の危険因子に
なってしまいますので、

くれぐれもパニックにならないで、
あわてないでください。

この暑さ、妊娠初期の方、
あなたと赤ちゃんのため、
1日、1.5リットル以上の水分補給を。

つわりで水分が取れにくくなったら、
レモン水か、炭酸水か、
少し薄めたスポーツドリンクが
飲みやすいと思います。

緑茶やコーヒーなどのカフェインを含む
飲み物は利尿作用がありますので、
ほどほどに。


脱水は、
子宮内の栄養細動脈(ラセン動脈)
の血液量を減らしますので
低酸素状態になり、
さらに血液をドロドロにしますので
固まりやすくしてしまいます。

子宮内の赤ちゃんには
非常に危険なんです。

お話を聞くと、
本当に、
十分な水分を取っていない方が多いのです。

心配ばかりして、
自分で心配事を見つけようとしているようです。

そんな方ほど、水分補給はおろそかなのです。


女性の体重の約55%は 水 です。

尿で約 1.5 リットル、
呼吸(肺、皮膚)と発汗で約 1 リットル、
合計、約 2.5 リットルの水分が
1日に身体から出ています。

1日の食べ物に約 1 リットルの
水分が含まれていますから、

引き算して、
1日に約 1.5 リットルの飲み物を
飲む必要があるのです。


ただ、
緑茶やコーヒーなど、
カフェインを含む飲み物は
利尿作用があるので、
飲んだ量以上の水分が尿から出てしまう
から、ほどほどの量が良いです。


妊娠(移植)したら、
妊娠10週ぐらいまでは、
子宮の粘膜(内膜)のラセン動脈に
十分な血液を供給するため、
水分は 1~2 時間ごと、
1日 1.5 リットル以上飲んでください。


そして、
適度に身体を動かして、
適度な汗をかいてください。

汗は、
脳の活動を冷却しているのです。
不安なときほど、
汗をかくことが大切ですよ。

汗をかいた分だけ、
水分補給も多めに、ね。


ブログNo. 282 も参照してください。

Please publish modules in offcanvas position.