052-733-2198
月・火・金 午前 10:00~13:00 午後 3:00~5:00/木、土は午前のみ

27. 免疫と不育症の関係

免疫というと、たぶん抵抗力と考えませんか。

抵抗力と考えていいのですが、
もう少し、詳しく言うと、
免疫とは、
自分以外の異物に対して、攻撃して排除する
体の防衛システムのことです。
免疫を担う免疫細胞は、白血球の仲間であり、
体の骨髄で作られています。
骨髄とは、すべての骨の内部の空洞にある
どろどろした液体のことです。

ここで強調したいことは、
免疫とは
自分以外のものに対して攻撃するのですが、
自分という識別は、
自分の細胞表面の標識を識別して、
それ以外は
自分ではないと判断するという事実です。

フランケンシュタインの場合を考えてください。
中枢神経系のかたまりである頭と
大きな体をくっつけたわけですが、
この場合、
自分とは頭か体か、わかりますか。

実は、骨髄が多くある
体が自分になります。
ですから、実際には、

体 が 頭 を 拒 絶 して排除するのです。


ここで、妊娠した場合の、
子宮のなかの赤ちゃんについて

免 疫 的 に考えてみてください。

赤ちゃんは、

半 分 が 自 分 であり、

半 分 が 旦 那 さ ん なのです。

ですから、赤ちゃんは、妊婦さんからみて、
免疫的によく似ていますが、もちろん、自分ではないのです。


妊娠がうまく維持するためには、
免疫的に、この

あ  い  ま  い  さ 

が極めて大切なのです。


妊婦さんが子宮内の赤ちゃんに対して、
その半分の自分の部分に、間違って反応してしまうと、
自己免疫異常になります。

その一部には、
自分の凝固系のたんぱく質等にも反応してしまう、
いわゆる、

抗 リ ン 脂 質 抗 体

という自己抗体があるのです。


また、半分の旦那さんの部分に対して、
強く反応してしまうと、
拒絶して排除してしまいます。
この反応のひとつに、

ナ チ ュ ラ ル キ ラ ー 細 胞 

の異常活性があるのです。

最終更新日: 2021年08月25日 12:57

Please publish modules in offcanvas position.