052-733-2198
月・火・金 午前 10:00~13:00 午後 3:00~5:00/木、土は午前のみ

Q29.4回流産を経験しています。体外受精もしています。今までに、有名な3施設で、アスピリン、ヘパリン、タクロリムス、サプリの治療をしました。4回目の流産時に流産絨毛染色体検査をしましたが、赤ちゃんに異常なしでした。病院によって、先生によって、治療方法は全然違います。私はどうすればよいのでしょうか?

このような場合、ほとんどの例で、こころの状態が子宮の細動脈を細くし、子宮の虚血を引き起こしている可能性が考えられます。また、過剰な緊張状態により、アドレナリン分泌過多を引き起こし、子宮内の免疫機構の寛容状態が壊れてしまっていることが考えられます。 

「同種免疫」 と 「生殖ストレス」 による不都合な子宮環境が主な原因と推察されます。
最終更新日: 2021年11月05日 17:18

Please publish modules in offcanvas position.